当院の歴史

ライオン歯科衛生研究所 東京デンタルクリニックの歩み

1921(大正10年)年、日本初の小児歯科専門医院からスタート

公益財団法人ライオン歯科衛生研究所 東京デンタルクリニックの歴史は、社会貢献に精力的に取り組んだ創業者の精神に基づき、1921(大正10年)年に設立された「ライオン児童歯科院」にまでさかのぼります。当時、子どもの歯の健康の大切さを訴え、現在の小児歯科に相当する歯科医療の先鞭を切って設立されました。 現在も「ライオン児童歯科医院」が設立された当時からの理念を受け継ぎながら、地域に密着し、様々なライフステージに対応した歯科医療に力を注いでいます。

ライオンの歯科診療活動の変遷

  • 1921

    大正10年

    「ライオン児童歯科医院」山城町(現中央区銀座)の写真

    「ライオン児童歯科医院」開院 山城町(現中央区銀座)

    口腔衛生普及に精力的に取り組んでいたライオン歯磨本舗小林商店が、ライオン児童歯科医院を開院

  • 1923

    大正12年

    関東大震災時に無料歯科診療所を開設した際の写真

    関東大震災時に無料歯科診療所を開設

    「ライオン児童歯科医院」も被災したが、スタッフの総意によりテント張りの簡易施設にて臨時の無料歯科診療所を開設

  • 1927

    昭和2年

    「ライオン児童歯科医院」(四谷見附)の写真

    「ライオン児童歯科医院」(四谷見附)

    児童歯科診療を行うための治療科、充填科、矯正科、エックス線科を設置

  • 1964

    昭和39年

    「財団法人ライオン歯科衛生研究所」設立時の写真

    「財団法人ライオン歯科衛生研究所」設立

    「ライオンファミリー歯科診療所」開設 (新宿 京王百貨店)

    財団の活動の一環として、診療活動を開始

  • 1971

    昭和46年

    「ライオンファミリー歯科センター」(目黒)開設時の写真

    「ライオンファミリー歯科センター」開設(目黒)

    小児歯科分野の歯科診療所を確立するため、設備とシステムを一新し、目黒へ移転開設

  • 1996

    平成8年

    「財団法人ライオン歯科衛生研究所附属目黒駅前診療所」(目黒)開設の写真

    「財団法人ライオン歯科衛生研究所附属目黒駅前診療所」開設(目黒)

  • 2014

    平成26年

    「公益財団法人ライオン歯科衛生研究所 東京デンタルクリニック」(五反田)移転開設時の写真

    「公益財団法人ライオン歯科衛生研究所 東京デンタルクリニック」移転開設(五反田)

    目黒駅前再開発に伴い、品川区東五反田へ移転