根管治療

根管治療とは、どのようなときに必要となりますか?

  • むし歯が進行し、歯髄(歯の神経)まで達してしまった場合
  • 歯が破折して歯髄が口の中に露出した場合

上記のような場合、歯髄は細菌に感染し、「歯髄炎」をおこします。歯髄は、周りを硬い組織(象牙質)で囲まれているために、歯髄の容積を増やすことは不可能です。炎症により歯髄の中の圧力が高まると、歯髄の神経を刺激して強い痛みを起こします。

また、歯髄の中の圧力が高まり、血管を圧迫し血流障害を招くことで、歯髄を壊死させます。歯髄が壊死した場合、歯の痛みはなくなります。
残念ながら、痛みを伴う歯髄炎や歯髄が壊死した場合、正常な歯髄に戻す治療法はなく、歯髄や壊死組織を取り除く「根管治療」が必要になります。

  • 根管内が再感染した場合

根管治療を行った歯は、根の先に細菌の感染を伴う「歯根膜炎」を起こす場合があります。

歯髄炎のような強い痛みがないことが多く、歯根膜炎が進行すると、歯肉が腫れたり、膿の出口が歯肉にできた状態(瘻孔)が現れる場合もあります。この場合も根管治療が第一選択の治療となりますが、歯髄炎の場合より、予後は少し悪くなります。

根管治療とはどのような治療ですか?

歯髄の入っていた、歯の根の中の管(根管)を、清掃消毒し、炎症が落ち着いてきたら、細菌が侵入しないように根管をガッタパーチャという変形しやすい詰め物でしっかりと詰めていきます。

当院では、根管治療の際、必要に応じて「ラバーダム防湿」※1の実施や「照明付き拡大鏡」※2を利用し、成功率の向上を図っています。しかし、根管の形態は大変複雑で、全ての歯が完全に治るわけではないことをご理解下さい。また、治療前には自覚症状がなかった歯でも、治療後に一時的に痛みや腫れがでることがあります。その際は抗生剤の投与や切開が必要な場合がありますが、通常は数日から1週間で落ち着いてきます。

※1 ラバーダム防湿
治療中の根管に唾液が侵入することを防ぐ装置として「ラバーダム」というゴムのシートを使用して、可能な限り無菌状態にするための処置です。

※2 照明付き拡大鏡
歯科用の拡大鏡とは、歯を拡大して確認することができる道具で、細部の治療を行う際に、より安全で正確に行うために使用します。

根管治療の流れ

根管治療の流れについてご説明します。

局所麻酔を行い、歯を削り、感染した歯髄を取り除きます

歯髄に達した虫歯

根の内部をきれいにします

感染組織を除去

根の内部を消毒し、詰め物で封鎖する

消毒薬を入れ蓋をする

被せ物を支える台を作り、被せ物を被せる

冠を被せる

根の内部をきれいにするときに、針のような細い器具を使い、歯の中の神経を取り除いていきますが、歯の神経の形は人それぞれで、曲がっていたり、ねじれていたりと複雑です。そのため、清掃が困難な場合も珍しくありません。また、治療と治療の間では、薬剤を根の内部に入れて細菌を減らす必要があるため、治療には数回通っていただく必要があります。

再治療の場合

被せ物を外す

歯根の先に溜まった膿と細菌感染した歯髄

根の奥まで詰まっている詰め物を取り除く

汚染された組織を除去

根の内部を消毒し、詰め物で封鎖する

消毒薬を入れ蓋をする

被せ物を支える台を作り、被せ物を被せる

冠を被せる

すでに神経を取っている歯であるため、免疫力が働かない歯であること、歯の質が弱くなっていることもあり、比較的、難しい治療になります。

治療を成功させるために

治療の回数は歯の状態によっても異なりますが、数回に及び、通院回数は多くなります。その間、ご予約のキャンセルなどにより、仮の封鎖の状態で長く過ごすと、封鎖材の隙間から細菌が入って、感染を改善できなくなります。
治療を成功させるためには、ぜひ治療の間隔はお守りになり、治療を中断しないことが大切です。また、仮の封や仮歯が取れたときには、お早目にご連絡ください。