歯周病治療

当院の歯周病治療の特長

当院に在籍する日本歯周病学会の専門医・指導医が中心となり、歯周病の治療計画を行います。難しい症例にも対応しています。なかなか歯周病が改善しない方は是非ご相談下さい。

歯周病とはどのような病気ですか?

歯周病とは、歯周組織(歯肉、歯を支えている骨など)に炎症が起こる病気です。炎症が歯肉だけにある状態を「歯肉炎」といい、炎症が進行し、歯を支えている骨が破壊された状態を「歯周炎」といいます。炎症が進行すると歯が抜けてしまうこともあります。

歯周病の原因とは?

歯周病の主な原因

「歯周病」は歯に付着した「プラーク(歯垢)」が主な原因です。

歯に付着したプラークのイラスト

歯周病のリスクファクター

「お口の中の環境(歯石、歯並び、不適合な冠、歯ぎしり等の不良習癖)」や「生活習慣(ストレス、不規則な生活、食習慣、喫煙)」も歯周病を引き起こす危険因子となります。

歯周病を放置するリスクについて

歯周病の初期症状は歯肉の腫れや出血などが現れますが、ほとんど痛みがないため、自分では気付きにくく、持続的に歯肉の腫れや歯の動揺を自覚する頃には、歯周病はかなり進行しています。さらに歯周病が進行すると、歯を支えている骨が破壊され、歯が抜けてしまうこともあります。

さらに、歯周ポケットから血管に侵入した歯周病細菌はさまざまな影響を全身に及ぼす可能性があることがわかってきました。

日頃から歯周病の予防をするとともに、検診により早期発見と治療を行うことが大切です。

診療の流れ

歯周病は生活習慣が影響することが多いため、しっかり治療を行うためには患者様自身のご理解と「セルフケア」が非常に大切です。歯周病が治癒した後、または病状が安定した後も、再発を防ぐ為に「定期健康管理」や「維持するための治療」を続けることが必要不可欠です。当院での歯周治療は以下のように進めます。

歯周治療の標準的な進め方

歯周治療の標準的な進め方フロー図

歯周病の検査

1. 問診

歯科医師が問診票を確認しながら問診を行います。
まず、症状や今までかかった病気、飲んでいるお薬などをお伺いします。

医師による説明

2. 診査

歯の状態、歯の動揺度、かみ合わせの検査などを行います。

医師による審査

3. 歯周ポケットの深さ、出血の有無の検査

「プローブ」という目盛りがついている細い器具を使って、炎症で歯周ポケットが深くなっているところや、出血しやすくなっているところを調べます。

歯周ポケットの深さの確認方法

4. エックス線写真

エックス線写真を撮影し、歯を支えている骨の状態などをチェックします。

エックス線写真

5. 口腔内写真を撮影

口腔内写真を撮影することにより、治療前、後の状態を比べて確認することができます。エックス線画像では分かりにくい歯肉の状態、歯の表面の状態などを確認していただきます。

口腔内写真の説明

6. 治療方針の説明

担当歯科医師がお口の状態を説明し、担当歯科衛生士とともに、最適な治療方針を作ります。ご説明し、ご理解いただいてから治療を開始します。

治療方針の説明

歯周基本治療

プラークコントロール、歯石除去、かみ合わせの調整を行います。必要な場合はむし歯の治療などを行い、一定期間様子を見た後、再評価を行います。歯周組織(歯肉、歯を支えている骨など)の状態によっては、「歯周外科治療」に進む場合があります。

プラークコントロール

歯周病の治療には、プラークコントロールは欠かせません。一人ひとりの歯や口の状態に適したケア用品をお選びし、セルフケアのアドバイスを行っています。

セルフケアのアドバイスう風景
歯石除去・歯面研磨

歯周病の治療は、プラーク(歯垢)や歯石を取り除くことが基本です。超音波スケーラー等で歯石を除去した後、歯の面を専門のブラシでみがきます。

歯石除去の治療風景
歯面研磨の治療風景
歯石除去前の写真

歯石除去前
歯と歯の間に歯石が付いています。

歯石除去後の写真

歯石除去後
歯と歯の間がきれいになりました。

メインテナンス/SPT(サポーティブペリオドンタルセラピー)

「歯周基本治療」終了後は、検査により再評価を行い、歯周組織(歯肉、歯を支えている骨など)が健康な状態に回復した場合は「治癒」とし、その後は健康管理として「メインテナンス」を行います。 また、ほとんどの部分は健康な状態に回復して、一部に病変の進行が休止している状態である場合は、「病状安定」と判断し、維持するための治療として「SPT」(サポーティブペリオドンタルセラピー)を行います。(参照:図 歯周治療の標準的な進め方)

歯周病を予防するには

歯周病は進行とともに、元の健康な状態を取り戻すことが難しくなり、治療期間も長くなってしまいます。定期的に歯科医院を受診し、予防、早期発見を心掛けることが大切です。

また歯科医院で行う「プロフェッショナルケア」によって、自分ではケアしづらいところや、取れなくなった歯石、歯垢の除去を受けましょう。当院ではご自宅でも適切な「セルフケア」を行うことができるよう、歯科医師、歯科衛生士により「セルフケア」のアドバイスを行っております。

「プロフェッショナルケア」と「セルフケア」の両方で、予防を行いましょう。