毎日のお手入れで快適に!ご家庭での入れ歯(義歯)のケア

  • 2019年11月25日
  • 歯科コラム

五反田駅徒歩3分のライオン東京デンタルクリニック(五反田)です。
今回のコラムのテーマは『ご家庭での入れ歯(義歯)のケアについて』です。

入れ歯をしている人の中には、「お口のにおいが気になる」という方も多くいらっしゃいます。自分ではよくケアをしているつもりでも、落としきれていない汚れがにおいの原因になることもあります。入れ歯につく汚れとはどのようなものでしょうか?

入れ歯につく汚れってどんなもの?

入れ歯にもご自分の歯と同じようにプラーク(歯垢)がつきます。それは「デンチャープラーク」と呼ばれ、細菌などが凝集したものです。

デンチャープラークを染色した様子

<デンチャープラークを染色した様子>
患者さんが普段のケアをした後に歯垢染色剤で染め出してみました。

写真のように、清掃後でも「デンチャープラーク」が残っていることがあります。

デンチャープラークは、お口の中のプラークに似ていますが、「カンジダ菌」という真菌(カビ)の比率が高いと言われています。カンジダ菌は「義歯性口内炎」や「誤嚥性肺炎」を引き起こす可能性が高いので、十分なケアが必要です。

入れ歯はどんな所が汚れやすい?

次のような所は、入れ歯に汚れが残りやすい所です。丁寧に清掃しましょう。

入れ歯のお手入れ方法

入れ歯を外し、次の手順でお手入れを行いましょう。

STEP1:義歯用ブラシでこすり洗い

落下時の破損や紛失の防止のために、流しに水をためるか、洗面器に水を張るなどします。

義歯用ブラシ(または歯ブラシ)を使用して流水下で、入れ歯の表面のネバネバとしたデンチャープラークを除去します。

義歯用ブラシ

義歯用ブラシ

入れ歯の汚れを落とします

入れ歯の汚れを落とします

STEP2:義歯洗浄剤でつけ置きをする

水かぬるま湯に義歯洗浄剤を入れ、入れ歯を浸漬します。洗浄剤を使用すると、ブラシだけでは落としきれない汚れやカンジダ菌を除去できます。1日1回は義歯洗浄剤を使用して清掃しましょう。

  • 浸漬時間は義歯洗浄剤の使用方法に従ってください。
  • 入れ歯を傷める恐れがあるため、60度以上の熱いお湯での消毒は厳禁です。
  • 入れ歯全体が浸せる容器をご用意下さい。

STEP3:もう一度、流水下でブラッシングする

浮き上がった汚れや義歯洗浄剤を義歯ブラシで洗い流します。

超音波洗浄器でも効果的に清掃できます

上の写真ように「義歯ブラシ」と「義歯洗浄液」で清掃する方法以外にも、超音波を使用した入れ歯用の洗浄器で洗浄する方法があります。入れ歯の洗浄に適した超音波振動で、入れ歯全体の汚れを除去します。製品の使用法に従い、専用の洗浄剤を併用することで入れ歯を効果的に清掃できます。

入れ歯を外したら、お口の中も清潔にしましょう。

入れ歯の清掃の他に、ご自身のお口の中もきれいにすることが大切です。特に「入れ歯がかかっている歯」は汚れがたまりやすいため、丁寧にみがきましょう。

部分入れ歯を装着した状態

<部分入れ歯を装着した状態>

部分入れ歯を外した状態

<部分入れ歯を外した状態>

歯科医院で定期的なチェックを!

ご家庭で日常的に入れ歯のケアを行い、適切な管理をしていても、取れにくい汚れがついてくることがありますので、歯科医院で定期的にチェックしてもらいましょう。

また、入れ歯を快適に使用するためにも、定期的に歯科医院で入れ歯が合っているかチェックをして調整することが大切です。ぜひご相談下さい。

文/公益財団法人ライオン歯科衛生研究所 阿部有美子(日本歯周病学会認定歯科衛生士)