むし歯治療

当院の「むし歯治療」に関する方針

当院では、患者さん一人ひとりのむし歯のなりやすさ(リスク)を考えながら、「必要最小限の侵襲(Minimal Intervention)」での治療を行っております。
それは、「今ある歯をできるだけ削らない」という考え方です。つまり治療をする際には、健康な歯質をできるだけ残し、歯を削るのを必要最小限にします。また、むし歯のごく初期の段階である「初期むし歯」はプラークコントロールやフッ素(フッ化物)を塗布することで、積極的な予防を行います。

なぜむし歯になるのか?その原因は?

むし歯とは、お口の中にいる細菌が食べ物や飲み物に含まれる糖質を代謝して作る「酸」によって歯が溶かされ、歯に穴が空いてしまう病気です。

次のような条件が重なり、時間が経過することでむし歯は発生します。

  • 細菌(主にミュータンス菌)
  • 酸にとけやすい歯の質(酸への抵抗力)
  • 糖質(主に砂糖)

むし歯の段階と治療方法について

むし歯の進行段階は、次のCO~C4の5つに分けられます。

初期むし歯

(経過観察)
※再石灰化による修復が可能

CO

CO

歯に穴は空いていないが、エナメル質の内部が溶け始める

痛みなどの自覚症状はない

むし歯

(要治療)

C1

C1

歯の表面(エナメル質)に限られた狭い範囲に穴が出来る状態

痛みやしみる感じは少ない

C2

C2

むし歯が歯の内部にまで広がり、象牙質にまで進んだ状態

冷たい飲食物で痛みがある

C3

C3

むし歯が神経まで進んでいる状態

激しい痛み

C4

C4

残根だけ残った状態。最近に感染すると根の先に膿がたまったりする

歯髄が死んでしまい、痛みは感じなくなる

むし歯のごく初期の段階は「初期むし歯」(CO)と言われます。エナメル質が内部から溶け始めた状態で、白く濁って見えたり、茶色く変色していたりことがあります。この段階であれば「再石灰化」の働きを促進することで、元の健康な歯を取り戻すことができます。当院では「フッ素」を塗布してエナメル質を強化し、定期的に経過観察をします。ご自宅でも、フッ素配合歯みがき剤を使用して再石灰化を促し、歯垢が残らないようケアをします。

※唾液に含まれるカルシウムやリンが溶けてしまった歯の内部に入り込み、歯を修復する働き

歯に穴が空いたむし歯の場合(C1~C4)の場合は、歯を削って詰め物やかぶせ物をする処置を行います。当院では、できるだけ歯を大きく削らないように治療を行いますが、むし歯の進行に伴い、歯を削る量が多くなるでなく、歯の中心にある歯髄(神経)が細菌感染すると歯髄の除去(神経の処置)が必要になる場合もあります。できる限り初期の段階でむし歯を発見し、治療をすることが大切です。

虫歯治療風景

痛みの少ない治療

歯を削るときなどに麻酔によって治療による痛みを感じなくさせます。しかし、この麻酔注射が歯肉(歯ぐき)に刺さるときの痛みや、麻酔液が入っていく感覚が苦手という方もいらっしゃいます。当院では次のような工夫によって「痛みの少ない治療」を行います。

※場合により、使用しないこともあります。

表面麻酔(ザロカイン)

表面麻酔(ザロカイン)

麻酔の注射針が歯肉に刺さるときの痛みを感じないよう、あらかじめ歯肉の表面にジェル状の「表面麻酔剤」を塗ります。歯肉の表面が麻痺しているので、注射針を刺すときの痛みを最小限に抑えます。

極細の針での麻酔

極細の針での麻酔

注射針の太さには色々な種類があります。痛みの苦手な方には、麻酔の針を刺すときの痛みを軽減するために、極細の注射針を使います。

電動麻酔注射器による麻酔

電動麻酔注射器による麻酔

電動注射器を使うと、一定の圧力で、注入速度をゆっくりと入れることができるため、痛みが軽減されます。

麻酔液のカートリッジウォーマー

カートリッジウォーマー

麻酔液の温度が体温に近いほど、麻酔液が入る痛みを和らげることができます。そのため、カートリッジウォーマーを使用し、麻酔液を約37℃に温めて使用します。

当院の「むし歯予防」の考え方

歯に穴が空いたむし歯は自然には治らないため、早期発見・早期治療が大切です。しかし、そのむし歯の治療が終わっても、セルフケアや予防についての意識を変えなければ、再びむし歯になり、治療を繰り返すという悪循環を繰り返してしまします。

そのため当院では、できるだけ歯を削らないため、そして今ある歯で生涯過ごしていくためにも、メインテナンスの継続を大切にしています。初期むし歯の段階で発見できれば、プロケア(プロフェッショナルケア)やセルフケアによって健康な歯に戻る可能性があります。

歯がしみる、歯が痛いなどの症状がある方はもちろん、特に症状がなくても予防は必要です。お気軽にご相談ください。

関連記事(歯科コラム)もご覧ください。

むし歯予防に効果的な「フッ素」の基礎知識